一流の人に共通するある習慣

伊堂寺義則

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

先日オリンピックでの羽生結弦選手の金メダルに大興奮!

演技後に両手を大きく広げて雄たけびをあげて、吠えていた姿がカッコよかったね〜

そして、どの競技も国境をこえて、他国の選手たちと讃え合う姿に本当に感動した!ステキだな〜!

羽生選手が優勝した直後からたくさん記事が出てたけど、ボクが注目したのは子どもの頃から続けているある習慣の話

今回のテーマはそのエピソードから「一流の人に共通するある習慣」をお伝えするね

羽生選手に限らずなんだけど、トップアスリートはみんな「言葉がクリア」という特徴がある

例えば、サッカーの本田圭佑選手や野球のイチロー選手もそう

羽生選手もそうで、インタビューで質問されたらほとんど即答だし、その言葉も明確でわかりやすい

そして、羽生選手は彼自身が世界ナンバー1だけど、その自分自身の記録を12回も破って更新している

「なぜ、そんなに自分を成長させ続けられるのか?」

いろいろトピックを見ていたら、『発明ノート』という「練習日誌」をつけているとのこと

知ってた?

羽生選手が小学2年生のときコーチに『ノートをつけなさい』と言われて、今でも続けているらしい

コーチに受けた指導や体の動きで気づいたことをノートに書き、整理する習慣があるみたい

特に今回は、ケガで練習できなかったからこそ、記録・言葉・考えることにチカラを入れて取り組んだとのこと

一流の人に共通する習慣は”書きグセ”

前も言ったことがあるけど、この「ノートをつける(日誌)」というのはボクも毎日やっている

ある尊敬するマーケッターがやっているのを知って「ボクもやってみよう」と思ってね

今年で4年続けているんだけど、実際、毎年々々、売上は上がってるよ

これはボクの体験からだけど、「日誌」をつけるようになって良かったのは、自分のパフォーマンスが良い時・悪い時のパターンが見えるようになってくること

例えば、ボクの場合は、午前中にクリエイティブなことをやるのが大事で、そうすると1日の良いリズムがつくれる

午後からは、頭も体も疲れてくるからクリエイティブなことはできないとかね

別に「日誌」じゃなくてもいいと思うけど、一流の人に共通する習慣は”書きグセ”を持っているということ

コンピューターやスマートフォンで打つんじゃなくて、紙にペンで、ダーって手書きするってことね

現在進行形でコーチングしているお客さんにも言ってるけど、これは本当にオススメするよ!

今回、あなたに考えてほしいのは、自分のパフォーマンスが良い時・悪い時のパターンを把握しているか?ということ

ボクの場合は「日誌を書くこと」で、日々、体感してチューニングしている

そうすると、ひとつひとつの行動に、バシッ!っとパワーとエネルギーが込もるから、成果も大きくなるんだよね

集客や販売って、アイデアやエネルギーが必要だから、自分の状態が良くないとパフォーマンス出ないからね

”書きグセ”をつけるって、どの世界のトップの人たちもやってることだから、本質的なことだし、大事だと思うよ

あなたも、ぜひ、やってみてね

P.S. 羽生選手の人気スゴイね!

男性のボクでも惹き込まれるから、女性ファンの”悲鳴”のような歓声、キャー!うわー!ハー!ヒ〜!にも納得(笑)

リンクの上での”力強さ”とリンクの外での”優しさ”と、そのギャップがいいのかもね

うまくいってないのは「手書き」してないから

2016.05.25

無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」をご購読ください


伊堂寺義則
クチコミデザインが発行する無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」は、質の高いクチコミを広げていくためのさまざまなトピックをお届けしています。

ご登録頂ければ、どなたでも無料でご覧になることができます。

どうやったらお客さんが集まるのか?何をやったらいいのか?わからない
という集客やマーケティングの初心者の方たちにイチバン喜ばれています

・集客に悩んでいる小さな会社の経営者や個人起業家
・営業経験がない、もしくは、マーケティングやセールス初心者
・クチコミについて全く学んだことがない、どうやっていいかわからない
・ブログやSNSを柱にして、クチコミや紹介で新規客を集客したい
・お客さんをファンにして、リピーターを増やしたい
・今はお勤めだけど、起業志望のビジネスパーソン

こういった方にお役に立てる内容です。

ご希望の方は、下記をクリックしてお申込み下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。