クチコミが広がる価格設定とは?

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

この間、「高額商品の作り方・売り方」1Dayセミナーの詳細登録を募集していて、こんなコメントが複数あった

価格設定に悩んでいます・・・」「客単価を上げたい・・・」「安価での販売になりがち・・・

確かに、価格設定って決まりはないし、よくわからない世界だよね

それに日本人だと「お金のことは聞いてはいけない・・・」って雰囲気もなんとなくあるし

だから結局、明確な理由もなく、なんとなくその値段をつけてる人って多いんじゃないかな?

価格設定は重要なコンテンツだから、ホントは深掘りしないといけないけど、今回は共通するセオリーをお伝えするね

「値決めは経営」という言葉があるように、価格設定は、それだけでひとつの大きなテーマ

利益やキャッシュフローに直結するし、ビジネスの生命線のひとつと言ってもいい

さて価格設定は、乱暴な言い方をすれば、あなたの好きにつけていいんだけど、ただ、傾向として多いのは、原価や人件費の経費ベースか、もしくは、市場の相場ベースのいずれかで設定してる人が多いんじゃないかな

ボクは価格に関して、大きく5つのラインで考えているんだけど、まずシェアしよう

1. 超高価格 ほとんど買わないだろう金額
2. チョイ高 安心感を与える価格(ココを目指す!)
3. 類似商品の価格 相場ぐらい 
4. 不安な金額 お客さんが「大丈夫?」と感じる金額
5. 原価 集客用としてはいいかも?

結論としては「2. チョイ高」を目指してほしい

特に、クチコミのことを考えるとね

常に【価格 < 価値】となるように努力し続けないといけない

考えてほしいのは、価格とお客さんの質の関係性

安売りをすればするほど、それが好きなお客さんが集まってきて、お客さんの質も、クチコミの質も下がってしまう

そうなると、スモールビジネスが求めている共感してくれて、応援してくれるファンをつくったり、理想のお客さんを増やすことができなくなる

だから、スモールビジネスでは、理由のない安易な安売りや値下げは基本的にはNG

クチコミデザインでは、一切やってない

あなたが目指すところは「チョイ高だけど、それだけの価値があるよね!」と感じてもらうこと

そして「○○のことだったら、あなたが1番!」とクチコミしてもらうのが理想だよね

そのためには、常に【価格 < 価値】となるように努力し続けないといけない

具体的には、あなたの商品・サービスを、今の1.3倍の価格にしてみて

そして、それに見合う(それ以上の)商品・サービスにレベルアップさせよう

1.3倍の理由は、顧客心理的に少しハードルが上がる金額が1.3倍だから

もちろん、もっと上げてもいいよ

1.3倍でも購入してくれるお客さんは良いお客さんだから、よくフォローして、良い関係性を築いていこう

そして、リピートしてもらって、紹介やクチコミも出してもらえるためには、何をやっていかないといけないのか?

それを考えて、実践していく

今回はセオリーだけになってしまったけど、クチコミを価格設定の視点から考えると、めちゃくちゃ大事なポイントだからね

P.S. 「高額商品の作り方・売り方」1Dayセミナーに参加する方は、この辺り詳しくやるのでお楽しみ!

無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」をご購読ください


伊堂寺義則
クチコミデザインが発行する無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」は、質の高いクチコミを広げていくためのさまざまなトピックをお届けしています。

ご登録頂ければ、どなたでも無料でご覧になることができます。

どうやったらお客さんが集まるのか?何をやったらいいのか?わからない
という集客やマーケティングの初心者の方たちにイチバン喜ばれています

・集客に悩んでいる小さな会社の経営者や個人起業家
・営業経験がない、もしくは、マーケティングやセールス初心者
・クチコミについて全く学んだことがない、どうやっていいかわからない
・ブログやSNSを柱にして、クチコミや紹介で新規客を集客したい
・お客さんをファンにして、リピーターを増やしたい
・今はお勤めだけど、起業志望のビジネスパーソン

こういった方にお役に立てる内容です。

ご希望の方は、下記をクリックしてお申込み下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。