いつでも買えるは、いつまでも買ってもらえない

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

先週は、東京で4日間セミナーやセッション、そのあと南国のグアムに行ってきた

東京セミナーのレポートは、福岡セミナーと合わせてアップするのでお楽しみに!

毎年このシーズンの海外はクリスマス・デコレーションがステキなんだよね

東京もイルミネーションがキレイなので、毎年12月は東京と海外に行っている

一昨年はサンフランシスコとロサンゼルスと中国、昨年は上海と釜山に行ったんだけど、ロサンゼルス以外はめちゃくちゃ寒かった 笑

ボクは寒いの苦手、妻はイルミネーションが見たい

それで今年は「暖かい南国にしない?」と妻と話してグアムに決定

そこで今回はグアムで感じたエピソードから「お客さんが買うのは、締め切りがあるから」をお伝えするね

グアムは、東京から飛行機で3時間半

時差も1時間しかないから、時差ボケもなく過ごしやすかった

中心街のタモンは、空港から車で10分ぐらいだから移動も楽で福岡に似てるね

このシーズンは当たり前だけど、ホテルも、モールも、レストランも、すべてクリスマス・モード

グアムの街の人たちも、なんとなくウキウキしてる感じが伝わってきたよ

そんな雰囲気のせいか、旅行者もグアムの人たちもたくさん買ってる人は多かったね

イチバン楽しかったのが、ハガニアにあるチャロモヴィレッジという水曜日限定のナイトマーケット

露店がたくさん出てたんだけど、観光客が少なく現地の人に人気のチャモロ料理(ローカルフード)が美味しかった

バンドのライヴ演奏に合わせて、みんなで自由にダンスしててね

ご年配のローカルの方たちがとっても楽しそうに踊ってた

そこで妻も飛び入りして見よう見まねで踊ってたけど、盛り上がって楽しかったよ

どれがなんだかわからないのでお肉全部盛りに 笑
ポークベリー・ポークショルダー・ビーフブリスケットにレッドライス

「No deadline, No offer」締め切りがないのは、オファーではない

チャロモヴィレッジのナイトマーケットは観光客だけでなく、現地の人たちも多い

その理由は「水曜日の夜だけの開催」だから

これはお客さんの行動原理なんだけど、その日しかないからお客さんは足を運ぶわけ

それで、オファーづくりの基本の“き”なんだけど

商品やサービスは、必ず期間限定・個数限定で売ること

ウチのお客さんには、このことをいつも口を酸っぱくしてお伝えしてる

マーケティングで「No deadline, No offer」という言葉がある

意味は「締め切りがないのは、オファーではない」ということ

お客さんは、商品やサービスが良いから買うんじゃなくて、締め切りがあるから買うわけ

「クリスマス」だからもそうだし、「水曜日の夜限定」だからもそう

だからあなたの仕事は、「これを逃すと、もう手に入らないな」ってお客さんに思わせること

そのために、キャンペーンには必ず期間限定・個数限定のデッドラインを設けること

いつでも買えるというのは、いつまでも買ってもらえないというのを覚えておいて

今回やってもらいたいことは、「もうすぐデッドラインです」ってお客さんに出してみて

それだけで、いくつか売れるから

セールストークやコピーをいじるより、デッドラインを設けることや、それをリマインドする方が強力だよ

P.S. 沖縄でもそうだったけど、妻はホテルの前のビーチで足パシャパシャしただけ

ボクは足すらつけてないよ

実家の裏が海で海っ子だったから、さんざん泳いだからね 笑

ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。