もっとギラギラして売っていい!

パンチ

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

あなたはプロモーションの時に、どれぐらいお客さんに伝えてるかな?

伝える回数でもいいし、伝えるインパクトでもいいので、ちょっと振り返ってみてほしい

ボクはメールをメインメディアにしている

時代とともにメール自体が見られなくなってきている

一所懸命メッセージをつくったとしても、そもそも見られてないことが多い

メールを開くタイミングもお客さん次第だし、せいぜい1割か2割のお客さんが見てくれたら大成功

もしお客さんが見てくれたとしても、”メラビアンの法則”というのがあってテキスト情報は全体の7パーセントしか伝わらない

メラビアンの法則
人がコミュニケーションのメッセージを受け取る時に
視覚情報(見た目)が   55パーセント
聴覚情報(声や話し方)が 38パーセント
言語情報(話の内容)が  7パーセント

そもそも見られていない・・・見られても、全然伝わってない・・・

もしかしたら、あなたはブログやSNSがメインメディアかもしれない

それぞれ少し特徴は違うけど、ブログやSNSもメインはテキスト情報で音声や動画はまだ少ない

それで、テキスト情報は7パーセントしか伝わらないわけだから、100パーセント伝えるためには同じことを15回は伝えないといけない

しかもその中からクリックしてもらったり、登録やお申込みをしてもらわないといけないよね?

そもそも見られていない・・・見られても、全然伝わってない・・・というのがオンラインメディアの現実

だったら、あんまり意味ないじゃないか〜?

ではなくて、何回もメッセージを送るとか、インパクトがあるようなメッセージにするのがとても大切なこと

ひとことで言うなら、もっとギラギラして売っていい!

お客さんと戦うわけじゃないけど、言葉にすると、”内なる闘志”を高めるとか、”集中力を高める”という感じかな?

お客さんに伝わるのは、それぐらいやって丁度いいぐらい

スポーツ選手が結果に執着するように、ボクたちビジネスパーソンもセールスに対してギラギラすることも大切なことだよ

そもそも、お客さんの利益になるためにセールスしているわけだからね

P.S. ギラギラは、キャラをドギツクしたり、無理に押し売りするという意味じゃないよ

ボクもキャラは別にギラギラしてないしね

それやると、ただの変な人になるから気をつけてね

パンチ

お好きなメディアでシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。