目標の1.6倍集めたアンケート作成4つのコツ

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

オンラインコースのVIPのお客さんに、毎月1回セッションしているんだけど、この間のセッションで「4周年だから感謝企画をやりたい!」って話があったんだよね

それで、何が喜ばれるか? 素直にクライアントさんたちに聞いてみよう、ってアンケートを取ることになった

実は、アンケートづくりってコツがあって、ポイントを押さえておかないといけないけど、あなたは知ってるかな?

今回はそのアンケートづくりのコツをお伝えするね

売れる商品・売れるサービスをつくりたいなら、ぜひ読んでほしい

あなたも「お客さまの生の声」って常にほしいでしょ?

売れる商品・売れるサービスづくりには欠かせないよね

それで、実際に集めてるかな?

もしくは、アンケートをやってみたけど、声が全然集まらなくて「失敗したな〜」って経験ない?

そのお客さんとのセッション中に「じゃあ、その4周年企画を一緒に考えようか?」って話になって、アンケートのアイデアが出てきたんだよね

それで、アンケートを取るコツをいくつかお伝えして、その感謝企画に盛り込んだんだけど、結果は、目標の1.6倍の回答数が集まったんだよね!

もうすぐ次回のセッションで、その時の具体的な内容をシェアしてもらうから、楽しみにしてるところ

失敗しないアンケートづくりの4つのコツ

では、アンケートづくりのコツをいくつかお伝えするね

1. 答えやすい質問から始めて、少しずつ難しくしていく
始めは「Yes or No」や「A or B」みたいに、予め決められた選択肢の中から選ばせる質問からスタート

例えば、「あなたは新規集客の方法を知りたいですか?」「1. はい 2. いいえ」どちらか選択してください

みたいな感じ

そして最後の方に選択肢ではなく、「あなたの集客についてのお悩みや困りごとを教えてください」みたいに自由に答えさせる質問をする

選択肢から選ばせるやり方を「クローズド・クエスチョン」、選択肢がなくて自由に答えさせるやり方を「オープン・クエスチョン」っていうんだよね

だから「クローズド・クエスチョン」で始めて、最後の方に「オープン・クエスチョン」を持ってくるってまとめると、わかりやすいかな

2. 2種類のプレゼントを用意する
ひとつは、回答してくれた全員にあげる「参加賞」

もうひとつは、イチバン熱いコメントを寄せてくれた回答者にあげる「グランプリ賞」

やっぱり何かしらのインセンティブがあった方が、アンケートに限らずだけど、答えてもらえるよね

『抽選で1名にプレゼント!』みたいにしちゃうと、選ばれなかった人が「せっかく答えたのに・・・」となって、ガッカリさせちゃうことになる

そうならないように、回答者全員への「参加賞」をつくることがポイント

3. 回答期限を必ず設ける
これはいつもボクが口を酸っぱくして言ってるよね

人を行動させるイチバンの要因は「期限を設けること」

アンケートの内容にもよるけど、一般的なものなら3〜5日ぐらいがいいと思うよ

4. 複数回告知する
1回だけお伝えしても、基本的にお客さんは見ていない・聞いていない・後回しにする

だからアンケートに回答してほしいなら、複数回告知する

回答期限が3日なら、開始日と最終日の2回

5日なら開始日と中日と最終日の3回ぐらい告知すると、イイ感じで集まると思うよ

あと、コツまでには入れないけど、もしツールを使ってアンケートを取るなら、スマートフォンで答えられるか?

これも今の時代だったら、大事なことだね

今回あなたにやってほしいことは、ズバリ!お客さんにアンケートを取ること

1対1の対面コミュニケーションでもいいし、ツールを使って集めてもいいよ

内容はなんでもいいけど、「今のお悩みや困りごとは何ですか?」を中心に聞いてみて

オーソドックスだけど、人がお金を払うイチバンの理由は、問題解決だからね

今回お伝えしたコツをしっかり活かしてね

P.S. このVIP客のお客さんは、いただいた回答者全員にひとりひとり個別に返信して、アンケートのお礼をお伝えしていた

そんなに親身になってもらったらファンになるよね

人は、何にお金を払うのか?(本質的な質問)

2017.01.12

ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。