オンライン・コミュニティづくりの3つのポイント(立ち上げ時)

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です。

先日、オンライン・コミュニティマーケティング・ジャパン(#OCMJ)主催の新藤洋介さんからYoutube Liveのオファーを受けて対談してきたよ。

「オンライン × コミュニティ」というテーマで、ボクがこれからやっていきたい #クラウドシフター というコミュニティの話や、それで意図していること、今のオンラインイベントが乱立している様子を見ていて感じていることをシェアした。

約30分ほどのトークだったけど楽しかったし、このブログの一番下にYoutube動画のリンクを貼っているから、ぜひボクの生声でも楽しんでほしい。特に、オンラインでお客さんとのツナガリをつくるポイントは、目の付けどころをキャッチしてもらえると思う。

まずコミュニティについてだけど、ボクが言う“コミュニティ”というのは、ひとことでいうと“ファン客の集まり”と考えてもらったらOK。

昨年、ボクがCMC_Meetup 福岡で登壇したのもあって、新藤さんとは“コミュニティづくり”というテーマでちょくちょく話をする機会があってね。

「CMC Meetup 福岡 vol.3」で登壇してきました

2019.05.15

それで特に今はオンラインを起点にして、お客さんとのツナガリを築いていくことがメインだと思うし、コミュニティを立ち上げるのもオンライン発で発想している人が多いんじゃないかな。

コロナで世界はこんな状況になってしまったし、地震や台風などの自然災害も毎年起きている、あなたも将来もしかしたら病気やケガで仕事ができなくなるかもしれない。どれも起きてほしくないことだし、予測不能のXファクターの部分もあるけど、経営者はこんな時のことも考えてビジネスを展開していかないといけないからね。

ボクが発想した #クラウドシフター というコミュニティの趣旨は、シンプルにお伝えすると「オンラインで完結するビジネスをひとつ作るのはどう?」というもの。それでコミュニティをスタートする時に大切だなと思うことが3つあるんだけど、それは

1. ネーミング
2. ミッション・ヴィジョン
3. カタチのあるシンボル

ここではひとつめのネーミングについて、ボクが意識していることをシェアするね。ボクはネーミングをつける時に、なるべく“人を表現したもの”の方がツナガリ感を感じてもらいやすいと思ってる。例えばボクの場合で言うと「クラウドシフト」という事象を表現したものではなくて、「 #クラウドシフター 」という“人を表現したもの”にしたわけ。

その理由は、ネーミングやフレーズの中に人のフィーリングやツナガリを感じてもらいたいって思ってるからなんだよね。人ってやっぱりモノじゃなくて、人間とツナガリたいと思うし、お客さんたちとのストーリーのシンボルが商品やサービスになると良いんじゃないかな?

それで、まだ何もコンテンツは入ってないけど(笑)cloudshifter.jpのドメインを取得して、これからボクの価値観やワークスタイルを反映したコンテンツを入れていこうと思ってる。具合的には、今まで培ってきたノウハウやマーケティング教育を、動画コンテンツとして提供できるように準備しているところ。

そして将来的には「 #クラウドシフター っていいね!私も仲間になりたい!」って共感してもらえるコミュニティに育てていけたらいいなって思ってるよ。

Shindo ido

ドメインが取れなかったら、そのネーミングは採用しない

今回あなたにやってもらいたいことは、あなたのネーミングのドメインを取ること。ボクの場合で言うと、cloudshifter.jpというURLを押さえること。

これはボクのこだわりでもあるんだけど、自分で考えたネーミングのドメインが取れなかったら、そのネーミングは採用しない。クチコミされるためには、短くて、わかりやすくて、新しくて、他の誰も使ってなくて、ハートにグッとくるキーワードが必要だけど、それにプラスしてドメインまで取れたらパシッと揃う。

そして、そのネーミングがシンボルになって、あなたのコミュニティにファンになってくれるお客さんがたくさん集まってくれば最高だね。今はオンラインの比重が高いかもしれないけど、ファンから見ればオフラインもオンラインも関係なく、いつもファンでいてくれる。

ボクの場合で言うと、 #クラウドシフター というクラウドで完結するワークスタイルに共感してもらいたいんだけど、

あなたの何に共感してもらいたいのか?
あなたの何に一番ツナガリを感じてもらいたいのか?
あなたの何にファンになってもらいたいのか?

そこを突き詰めて考えてネーミングを見つけて、ドメインまでしっかり押さえてほしい。

P.S. ネーミングのこと以外にも「オンライン × コミュニティ」という切り口でふたりで楽しく語ってるから、Youtube動画もチェックしてみてね。

新藤洋介さんのnote記事「オンライン コミュニティマーケティング 〜ゲスト @idouji さん 〜 #OCMJ #23 2020.6.23」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。