仕事は、上手くやろうとせずに、速くやる

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

先週お知らせしていた新1Dayセミナー「セルフメディア・ブループリント」は、先日、募集開始1時間で満席になりました!

ありがとうございます

会場は東京と福岡なんだけど、福岡会場は、東京方面の方が半分以上!また逆に、福岡から東京会場に参加したりと、不思議なことになっている

多くの方が、交通宿泊費をかけてまで参加してくれて、本当にありがたい

お申込みの方は、お楽しみに!

あなたは仕事をこなすスピードは速いかな?

もう10年ぐらい前になるけど、ボクたちは東京・大阪・海外で活躍している人たちのイベントを、福岡でよく主催していた時期があった

ボクたちの友人や知り合いには、本を出版している著者さんが多くてね

その方たちの講演会やセミナーの主催を、毎月のように頼まれてやっていた

一番の仕事は集客なんだけど、お客さんを募集する時に、チラシをつくったり、お申込みページをつくったりしてた

そして、その講師(著者)の方に連絡して、「これでいいですか?」って確認するんだけど、「それでいいよ!あとコレどうする?」って、その仕事のスピードがめちゃくちゃ早いわけ

で、ボクたちも「もう返事がきた!速くやらなきゃ!」って、焦る気持ちからドンドン仕事をやってたんだけど、それで一流の人たちのスピード感を鍛えられた

一流の人たちは、もちろん自分の仕事の分野ではエキスパートですごかったよ

でも、同じ人間だから凡ミスもあったし、パーフェクトな人なんてひとりもいなかった

人によっては、自分の専門分野以外は、一般の人よりも抜けてるところが多々あったりね(笑)

ただ、そのミスをまるでなかったかのように、するぐらいの

・決断力のスピード
・改善力のスピード
・行動力のスピード

は圧倒的だった

だから結果的に、大量行動することになって手にする成果が大きい

Gregg Braden Fukuoka

2008年 Gregg Braden氏の福岡イベントでのサイン会

仕事ができる人は、上手くやるんじゃなくて、速くやる

その時にわかったことは、仕事ができる人は、上手くやるんじゃなくて、速くやるということ

もちろん、それで仕事のクオリティが下がったら意味ないよ

クオリティを保ちながらも、めちゃくちゃ速くやる

たぶん仕事ができる・できないの差は、能力や才能よりも、スピードの差の方が大きいと思う

「仕事は忙しい人にお願いする」ってよく聞く言葉があるけど、そういうことなんじゃないかな

そして、これはボクもそうなんだけど(苦笑)人間は、何でも先延ばしにする天才

「後でやろう・・・」「明日やろう・・・」

おそらく人間のDNAに、事前にインストールされてると思うぐらい、人は、何でも先延ばしにする

ボクもそうだから「すぐやる!」「すぐやる!」って、意識していつも口から言葉に出して、自分に言い聞かせながらやってる

現代ビジネスでは、スピードが遅いというのは致命的

特に、スモールビジネスは、お金・時間・マンパワーなどのリソースが少ない分、小回り効くのが強みだから、スピードを最大限に活かさないとね

マーケティングの言葉の中に「スピードが”お金”を引き寄せる」というのがある

”お金”は、”お客さん”と言い換えてもいいよ

あなたに偉そうなことは言えないけど、仕事は、上手くやろうとせずに速くやる、「すぐやる」クセをつけてね

P.S. 今日はクチコミや集客のテクニックじゃなくて、マインドセット(考え方・仕事の哲学)の話だったけど、ある意味、テクニックを凌駕するぐらい大事だからね

お好きなメディアでシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。