「何を売るか?」の前に、「誰に売るか?」を決めるのが先

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

前回は、”売れてるフェロモン”を出そう!ってお伝えしたけど、あなたはできてるかな?

”売れてるフェロモン”ってのは、簡単に言うと「盛況感」があるかどうか?

いくら商品やサービスが良くても、「盛況感」がなかったら、お客さんは来ないからね

来週、この「盛況感」をテーマにした【集客の極意】1Dayセミナーの登録募集をするから、お悩みだったら、ぜひ登録してね

特に、クチコミデザインのセミナーが初めてって方には、まずコレがオススメ

毎回、すぐ埋まっちゃうんで、お見逃しなく!

今回は、この間あったエピソードから、集客に欠かせない大事なマインドセット(考え方)をお伝えするね

これがズレてると、そもそも論になるんで

先日、5年以上前に、1回お会いしたことがある方からお電話をいただいた

ウチのVIPのお客さんからのご紹介なんだけど、その方は、いわゆる”街の電気屋さん”で、同じような”街の電気屋さん”を30店舗以上まとめているリーダーの方

ご用件は、その30店舗以上のコミュニティで、ボクの営業研修を長期で検討しているということで、そのお問い合わせだった

ボクはちょうど、別の地区の”街の電気屋さん”を、半年間お手伝いさせていただくことが決まったばかりで、最近はそのことをよく考えていたんだよね

だから、お問い合わせをいただいて、ちょっとシンクロニシティでビックリした

クチコミデザインのお客さんたちには「顧客志向」をオススメしている

それで、これは”街の電気屋さん”に限らず、どのスモールビジネスでもそうなんだけど、必ず、ある考え方が大事になってくるんだよね

それは「商品志向」と「顧客志向」っていうんだけど、聞いたことがあるかな?

一言でわかりやすくいうと

「商品志向」は、売り手が良いと思うモノを売る
「顧客志向」は、お客さんがほしいモノを売る

ということ

これは、マインドセットなので、どちらが良い悪いはないし、どちらのビジネスも存在している

ただ、クチコミデザインのお客さんたちには「顧客志向」をオススメしているし、ボクのプランもそれに基づいている

というのも、スモールビジネスはお客さんの数がそれほど多くないから、ひとりのお客さんに何回もリピート購入してもらわないといけないから

お客さんの「ほしいモノ・ほしいモノ」を後ろに準備して、同じお客さんに何回もリピート購入してもらうのが、スモールビジネスのセオリーなんだよね

特に、前述した”街の電気屋さん”なんかは、商圏があるエリアマーケティングのビジネスなんで、基本的にお客さんの数が決まっている

そうなると、同じお客さんたちに、いろいろと買ってもらわないといけないから、「顧客志向」じゃないとうまくいかないよね

あなたには

・「何が売れるのか?」の商品軸で考えるのではなく、「誰がよく買ってくれているのか?」のお客さん軸で先に考えること

・そして、そのお客さんは、次に何がほしいんだろう?

って「顧客志向」で考えるようになってほしい

スモールビジネスは、売上の半分以上は既存客からのリピートになるぐらいで、ちょうどいいと思うよ

「何を売るか?」の前に、「誰に売るか?」を決めるのが先だからね

今回の内容は、クチコミ集客や売り方の前の、そもそも論のところになるのでしっかり考えてね

P.S. Amazonとかは「顧客志向」の典型的なモデルやね

購買履歴に基づいて「これもオススメです!」って、別の商品も抱き合わせで売ってくるし、カスタマーレビューもいっぱいあるよね

そういう風に、世の中を見る目を養っていくと、今儲かっているビジネスモデルがよくわかるよ

無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」をご購読ください


クチコミデザインが発行する無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」は
質の高いクチコミを広げていくためのさまざまなトピックをお届けしています。

ご登録頂ければ、どなたでも無料でご覧になることができます。

どうやったらお客さんが集まるのか?何をやったらいいのか?わからない
という集客やマーケティングの初心者の方たちにイチバン喜ばれています

・集客に悩んでいる小さな会社の経営者や個人起業家
・営業経験がない、もしくは、マーケティングやセールス初心者
・クチコミについて全く学んだことがない、どうやっていいかわからない
・ブログやSNSを柱にして、クチコミや紹介で新規客を集客したい
・お客さんをファンにして、リピーターを増やしたい
・今はお勤めだけど、起業志望のビジネスパーソン

こういった方にお役に立てる内容です。

ご希望の方は、下記をクリックしてお申込み下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター
スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。