クチコミのカギは、お客さんをちょっとエキサイトさせてあげること

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

日曜日は、ベストセラー『嫌われる勇気』の岸見一郎先生の福岡講演会に参加してきました

ボクはまだ読んでないけど、アドラー・ブームの火付け役になってるよね

発売当初から、妻からずっと薦められていたし、岸見先生のお話もおもしろかったので、近いうちに読んでみたいと思ってる

岸見先生の講演のタイトルは「幸せに生きるためのヒント」で、「幸せとは?」という哲学の話

「幸せ」と「豊かさ」は個人的に大好きなテーマなので、20代の頃から追求している

ただこのブログは、マーケティングがテーマなので(笑)『嫌われる勇気』が売れた背景から、クチコミのヒントをお伝えするね

今回のは、ちょっと深いよ〜

最初に、『嫌われる勇気』が売れた本当の理由は、共著者のおふたりと編集者しかわからないと思うので、わかりやすい事例として考えてほしい

この本は、岸見一郎先生と古賀史健さんの共著で書かれた本で、2013年12月に発売

心理学者アルフレッド・アドラーの、「アドラー心理学」をわかりやすく解説した書籍で、2016年の時点で135万部を突破

韓国では2015年のベストセラー年間第1位・台湾では2016年の年間売上第1位

出版不況の現代では、まさに規格外で、その後、日本では『嫌われる勇気』の舞台やドラマまでつくられている

それで、注目してもらいたいのは、本のタイトルの『嫌われる勇気』

普通は「人に好かれる方が、いいんじゃないの?」という考え方の反対

本の内容も、妻から聞いたものだと、タイトルと同じで、一般的な考え方や心理学とは反対な感じで書かれているとのこと

お客さん本人自身がエキサイトした状態が、クチコミが広がるカギになる

ここまでは、本のことをお伝えしてきたけど、ここからは自分のビジネスのことで考えてね

商品やサービスを販売する時に

・お客さんが信じていることと、反対のことをアピールする
・一般的や常識だと思われていることと、違うことをやる

そうすると、お客さんが「えっ?何それ?」って驚いた状態になって、注目を得ることができるんだよね

その状態からストーリー展開していって、お客さんを十分に納得・満足させることができると、「そうだよね!」ってインパクトが大きくなる

そうすると、感情のエネルギーが溢れ出してきて、クチコミしたくなるんだよね

ただ、売れるだけを目指すなら、商品やサービスの良さをアピールすればいいかもしれない

けれども、クチコミを広げることまでを目指すなら、お客さんのモノの見方や考え方を変えてあげるとか、インスピレーションを感じてもらえるモノじゃないとクチコミは広がらない

もちろんビジネスによりけりだし、これを言葉だけで伝えるのは難しい

今回、あなたに考えてほしいことは

・お客さんの信じていることは何か?(A)

・Aの反対の主張(B)を、自分が取ることができないか?

・Aではなくて、Bの方がいいよ。なぜならば・・・とストーリー展開できないか?

ということ

ポイントは、お客さんのパラダイム(モノの見方や考え方)を変えてあげること

そうすると、お客さんにインスピレーションを与えて、ちょっとした興奮状態にすることができるんだよね

お客さん本人自身がエキサイトした状態が、イチバン感情のエネルギーが溢れているし、クチコミが広がるカギになるからね

今回の内容は深いから、ぜひ何回も読んでね

P.S. 岸見先生が講演の中で、「『嫌われる勇気』を持つことが大事で、別に『嫌われろ』とは言ってませんので」って言ってたのが笑えたね(笑)

クチコミを生み出す最高の方法はコレ!

2016.04.08

お好きなメディアでシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。