何かに迷った時は、必ず「理想のお客さんにチューニングすること」

startup

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

前回は、人の本質的なことにフォーカスした

「人は、何にお金を使うのか?」というのは、本質的には、問題解決のためと欲求を満たすため。たったのこの2つ。

今回は、新しい年になって、ボクが年始に必ずやっていることをお伝えするね

ぜひ、何かに迷ったら、今回の内容のことをやれば間違いないと思うよ

理想のお客さんのこの3つを明確にする

ボクが、毎年、年始に時間をかけてやることは【理想のお客さんにチューニングすること】

もう少し詳しくいうと、大きく三つ

1. VIP客のリストを眺めて”共通項”を見つけ出す
2. そのVIP客のリストの中から、イチバン大切なお客さんを”ひとりだけ”ピックアップする
3. 2のお客さんが、どうやって自分のお客さんになったのか?その顧客導線を再確認する

理想のお客さんのこの3つを明確にする

1に関しては、やってる人も多いかもしれないけど、属性とか、ステージとかを簡単に見ていく

そして、イチバン見るのは

・そのVIP客たちのお悩みや課題は何か?
・前に進む障害になっていることは何か?

その”共通項”を探るのに、十分な時間をかける

もし可能なら、実際に会って話を聞くのがベスト。そうすると肌感覚でチューニングできる

2は、このイチバン大切なVIP客の中から、”たったひとりだけのお客さん”に向けてセールスレターをつくってる

そうすると、一対一の手紙のやり取りみたいになるから、よりパーソナルになるんだよね

その方がメッセージ性が高まって、フィーリングが伝わりやすくなる

例えば、映画とか、小説とか、よくよく考えてみると、めちゃくちゃパーソナル・ストーリーなんだよね

だからこそ、多くの人の心に響く

そのために、その”たったひとりだけのお客さん”をピックアップして設定する

3は、主に新規客を増やすことにつながるんだけど、どういうルートでウチのお客さんになったのか?

例えば、ボクの場合でいうと、2でピックアップしたお客さんは

知人のクチコミ → facebook → サイト → メルマガ登録

ってルートを辿ってきたことがわかってる

イチバンの理想のお客さんが辿ってきたルートだから、そのラインを強化する施策をまず打っていく

これは、そのお客さんに実際に聞くことなので、「どうやってウチのことをお知りになったんですか?」ってあなたも聞いてみてね

今回は、このままがアクションなんだけど

1. お客さんのお悩みや課題は何か?
2. たったひとりに向けてのセールスレター
3. どんな顧客導線を辿ってきたのか?

こうやって、あなたの理想のお客さんに、立体的にチューニングしてみてね

ビジネスでイチバン大切なものは、商品やサービスではなく「顧客の獲得とその維持」

だから、何かに迷った時は、必ず「あなたの理想のお客さんは誰か?」から考えることを忘れずにね

startup

お好きなメディアでシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。