クチコミしてくれる良いお客さんは「閉ざされたコミュニティ」で守る

伊堂寺義則

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

今月から新しい「シークレット・コミュニティ」がスタートしたので、今回はそのエピソードから

今回のエッセンスも盲点になってる人が多いから、自分のことを振り返ってほしい

シークレット・コミュニティに新しいお客さんが入って、この間、第1回目のセッションを行った

補足の追加もあって、かなりの長時間になったけど、スライドをつくって工夫して、テキパキと進んでよかった

参加のお客さんにも喜んでもらえたし、ボクも新しいスタイルでやれて楽しかった

シークレット・コミュニティというのは、ボクのニュアンスだと「閉ざされたコミュニティ」という感じ

別に目新しいアイデアではなくて、例えば、有名百貨店の会員さまだけの〇〇デーとか、飲食店等のレセプションだったり、ちょっとかしこまったのでは有名ブランドのパーティーや、招待制のみでしか入れないクレジットカードのブラックカードもそう

今みたいにSNSで全てがオープンな感じとは、真逆な感じがするかもしれないね

でも、だからこそ、反対のクローズなコミュニティな感じも、特別感があっていいんだよね

※今年参加した、あるレセプションパーティーの様子

テスラ パーティー
テスラ パーティー
伊堂寺義則 伊堂寺博枝 テスラ ニコラ・ヴィレジェ

お客さんを増やすことばかり考えてて、減らさないことに目がいってない

ボクたちは、シークレット・コミュニティを、いくつかの意味があってやってるけど、「どのお客さんを一番大切にすべきか?」という線引きのひとつでもある

そして、その一番大切なお客さんたちに、ボクたちからの特別感を感じてもらうために、”見える化”したものでもあるんだよね

それで、あなたに考えてもらいたいことは「良いお客さんをどうやって減らさないか?」ということ

クチコミでもそうなんだけど、みんなお客さんを増やすことばかり考えてて、減らさないことに目がいってないことが多い

でも、新規のお客さんを獲得することと、今いる既存の良いお客さんを減らさないことは、圧倒的に後者の方がやりやすいんだよね

というのも、それは自分のコントロール下にあるから

ここって、意外と盲点になってるから、あなたも気をつけてほしい

もちろん、いくらがんばっても、顧客流失をゼロにはできない

けど、せっかく新規のお客さんをクチコミで集めても、定着してもらうための施作がしっかりしてないと、穴が空いたバケツに水を入れるのと同じだからね

クチコミって、良いお客さんから出るわけだから、そこは良い関係を保って、守らないとね

シークレット・コミュニティは、その施作のひとつとしても使えるよ

今回は少しテクニックよりになったけど、あなたのビジネスでも、もし使えるなら、このコンセプトを使ってね

P.S. このお客さんからはサイト作成のご依頼も受けたから、今張り切ってやってる

いろいろ新しい経験積むのは楽しいね

伊堂寺義則

お好きなメディアでシェアをお願いします

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。