クチコミされるのはいつもイチバンだけ

伊堂寺義則 ウェビナー

伊堂寺義則こんにちは、クチコミデザインの伊堂寺義則です

ちょっと考えてみたらすぐわかるけど、クチコミされるのはいつもイチバンだけ

というのは、人はいつもイチバンしか覚えていないから

例えば、日本一高い山は「富士山」。じゃ二番は・・・
日本一大きいの湖は「琵琶湖」。じゃ二番は・・・
正直、出てくる人は少ないんじゃないかな?

順位はひとつしか変わらないけど、人々の記憶や印象に残る差は、1位と2位で歴然と違う

クチコミデザインではこのことを「お客さまはイチバンが好き」「クチコミされるのはいつもイチバンだけ」と言っている

だから、ボクたちはスモールビジネスであっても、イチバンを目指さないといけない

特に、今の時代は競合がいないというビジネスは存在しないので、”イチバンづくり”で決まると言ってもいいぐらい大切なこと

ただ、スモールビジネスはお客さんの数が少ないので、世の中でイチバン(マーケットシェア)になる必要はなくて、自分のお客さんにとってのイチバン(マインドシェア)になればOK

このことは覚えておいてほしい

どうやって”イチバンづくり”をやればいいのか?

で、どうやって”イチバンづくり”をやればいいのか?というと、ボクが考えるイチバンには3つある

1. ナンバーワン
2. オンリーワン
3. ファーストワン

クチコミデザインでよくやっているのは、3番の「ファーストワン」づくり

ここからコンセプトづくりの話になるので少し難しくなるけど、今まで世の中になかった新しい提案(新しい価値観・新しいスタイル・新しいコンセプト)に、新しい言葉(オリジナルの造語・独自の表現)をつけるとオリジナルのコンセプトになる

例えば、いま巷で少しずつ話題になってきている「マルチハビテーション(多拠点居住)」というスタイルがそう

で、ここが重要なんだけど、もし「その話を聞きたい!」となった時に誰に聞くか?、というのは最初に考えてやり始めた人たちだよね?

なぜならば「お客さまはイチバンが好き」だから

だから「ファーストワン」づくりが大切なわけ

ボクたちはそうやって、クチコミをつくり出している

なので、今日のアクションはちょっとコンセプチャルだけど、「何か、新しい提案(価値観・スタイル・コンセプト)を生み出せないか?」「それに、新しい言葉(オリジナルの造語・独自の表現)をつけるとしたら?」を考えてみてほしい

念のために言っとくと、新しい商品やサービスを生み出すのではなくて、新しい提案(価値観・スタイル・コンセプト)ね

これができたらブランドになってお客さんが集まってくるよ

P.S. クチコミについてもっと詳しく知りたい方は、このページの右側に出てる無料ニュースレターにご登録してください

無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」をご購読ください


クチコミデザインが発行する無料ニュースレター「クチコミエキスプレス」は
質の高いクチコミを広げていくためのさまざまなトピックをお届けしています。

ご登録頂ければ、どなたでも無料でご覧になることができます。

どうやったらお客さんが集まるのか?何をやったらいいのか?わからない
という集客やマーケティングの初心者の方たちにイチバン喜ばれています

・集客に悩んでいる小さな会社の経営者や個人起業家
・営業経験がない、もしくは、マーケティングやセールス初心者
・クチコミについて全く学んだことがない、どうやっていいかわからない
・ブログやSNSを柱にして、クチコミや紹介で新規客を集客したい
・お客さんをファンにして、リピーターを増やしたい
・今はお勤めだけど、起業志望のビジネスパーソン

こういった方にお役に立てる内容です。

ご希望の方は、下記をクリックしてお申込み下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

クチコミデザイン代表 スモールビジネス専門のクチコミマーケッター スモールビジネス専用の新クチコミ理論【フラット・クチコミ】の提唱者。現在までに、小さな会社の経営者や個人起業家を対象に1,000件以上ものクチコミ支援を行っている。